お墓から移動する

納骨堂では、お墓に入っている故人の遺骨を納骨堂に移動させる改葬をする利用者もいます。改葬はいわゆる遺骨のお引越しという感じです。
ですがなぜ改葬を行う理由があるのでしょうか?改葬をする人の多くは、今住んでいるところから遠い故郷にお墓がありお参りや管理が難しいから改葬し納骨堂を利用する人が多いそうです。
また、故郷でお墓を管理する人がいなくなり無縁墓になってしまったため納骨堂を利用するという人もいます。また、子どもがいない人であると管理する人がいないので納骨堂に安置させるという理由もあります。
納骨堂は立地の良さや、永代供養を行う納骨堂もあるので改葬で利用する人が多いようです。近年はこの先管理する子どもがいないという理由が目立ってきて少子化問題を考えさせられる事もあります。
ちなみに改葬をする際に、遺骨のみをお引越しさせて納骨堂に安置する場合や、遺骨と墓石ごと移動する改葬もあるそうです。
遠方の故郷にある遺骨のみをお引越しさせる場合は、まず自治体に届け出が必要です。お墓が属している自治体へ改葬願を届けだし「改葬許可証」を発行してもらわなければなりません。
自分の親族のお墓なのだから自治体へ届け出をなぜ出すのかと考える人がいると思います。勝手にお墓から遺骨を移動させる事は法律違反なので勝手に移動したら大変な事になりますので注意しましょう。
仕事が忙しくなかなか遠い故郷に帰れずに墓石が傷んでいく事は故人を寂しい思いにさせるだけだと思うので、納骨堂という管理も環境もしっかりしているところに安らかに故人を安置させる事が良いでしょう。