分骨の時にも利用できる

納骨堂では遺骨全部を安置させる以外にも分骨(ぶんこつ)する際にも利用される事があります。分骨というのは、故人の遺骨を複数の箇所に分けて納骨する事を分骨と呼ばれています。
現代では、お墓の事情や遺骨に対する考え方が様々ある中で色々な分骨の形が存在します。海や山に遺骨の一部を散骨して残りの一部を手元に残す事も分骨と呼ばれています。
それが良いのか悪いのかと悩む人がいますが特に問題はなく、故人にお参りしやすい環境を作り上げる事が大切でしょう。そのように立地が良い場所に建てられている納骨堂を利用する人が多いです。
管理もしっかりしており雨風にさらされる事もなく、さらに永代供養ができる施設が多いのが分骨する際のメリットでもあります。
そんな分骨の手続きの方法は、まずもうお墓に埋葬されている場合の分骨の場合は、僧侶に分骨の法要をしてもらいます。そして新たに埋葬する納骨堂の管理者などに埋葬する遺骨と共に分骨証明書を提出します。
その際は印鑑が必要で、永代供養を希望するのならば永代使用証明書が必要かもしれないので、納骨堂の管理者に事前に確認しておきましょう。
また、お墓や納骨堂に納骨する前に複数の場所に遺骨を分骨する事を決めている場合は、通常の手続きは火葬場で行われる事が多いです。火葬する前に分骨を決めているようでしたら火葬場の管理者にその旨を事前に話しておく必要があります。
遺骨は本骨・分骨と分けられ本骨は「火葬許可書」分骨は「火葬証明書」をお墓や納骨堂の管理者それぞれに提出しましょう。