納骨する時のかたち

納骨堂にはロッカー型や仏壇型といったものが多く紹介されていますが、他にも様々なかたちの収容スペースがあり、それらのメリット・デメリットを把握しておく事でどの収容スペースに安置しようか考える幅がひろがります。

分骨の時にも利用できる

亡くなった故人や生前に自分の安置される収容スペースを探したりできるなど幅広い対応ができる納骨堂ですが、分骨をする際にも納骨堂を利用する利用者がいます。その時にはどのような手続きが行われるのでしょうか。

お墓から移動する

納骨堂ではすでにお墓に安置されている遺骨を納骨堂へ移動させる事も可能です。そもそもなぜお墓から納骨堂へ移動する利用者がいるのでしょうか。また、どのように移動させるのでしょうか。

納骨堂を選ぶ理由

納骨堂とはお墓のように墓石を作らず、納骨堂内の様々な収容スペースに遺骨を安置するところです。収容スペースはロッカー型の様な遺骨がピッタリ安置できるものや、しっかり仏壇を設けてその中に安置するものなど様々あります。
お花や故人の好きだった食べ物などのお供えなどができないところが多いですが、納骨堂内は清潔でバリアフリーなども整備されているのでお年寄りでも利用しやすく、屋内での安置のため草むしりや天候を気にせずお参りできます。
他にも様々なメリットを持つ納骨堂ですが、自らの遺骨を納骨堂に入れようと生前にどんなタイプの収容スペースに安置してもらおうか検討する人もいるそうです。
なぜ自分で終のすみかを選ぶのかというと「亡くなったら入るお墓はあるが、そこに入るのは抵抗がある」「独身なのでお墓がなく、お墓を建ててもお参りに来てくれる人がいない」などという理由があるそうです。
また、亡くなってしまったらお墓を探すのは家族なので、迷惑をかけたくないと生前に自分のお墓と葬儀の手配をしておきたいなどとの理由もあります。
このように自分で自分のお墓を決めたい人が多く納骨堂を利用している他にも、家族の急に亡くなったりして急いでお墓を用意しなければならない場合でも、納骨堂は費用の負担を少なくして利用する事ができるところも選ばれる理由の一つです。
急な場合でなくても、遠くにあるお墓の遺骨をいま住んでいる家の近くの納骨堂に移動させてお参りしやすくするなど様々な理由に幅広く対応できるのが納骨堂です。